野菜の産地にこだわる

モスバーガーのお店に食べに行くとレジの近くに、本日使っている野菜の産地や生産者の写真が書いてあります。やっぱり自分の口や家族の口に入るものは、安全で安心したものを食べたいです。
このような産地生産者の紹介サービスはとっても重要だと思います。

 

レストランなどの食事を提供する施設というのは、やっぱり原価も重要です。いかに安く仕入れて客に提供して利益を出すかということです。
安く仕入れるということは、卸業者を通すよりも自家栽培をするのが一番コストが安く済むということで最近は野菜や肉を自社工場や自家生産で賄うところが増えてきました。

 

これはコストの問題がかなり大きいと思いますが、信頼できるところから仕入れるという意味では安心安全ということが確実なので良いことだと思います。
スーパーなどでも自社ブランドで安く製造するということも進んでいます。
昔とは大きく市場も変わってきているのでしょうね。

 

給食も地産地消化が進んできました。自分の地域の食べ物をすすんで食べようということです。
自分の地域の特産物があるのにわざわざ他の都道府県から仕入れた食材を使うなんで不思議ですよね。

 

地元のものを食べて自分の地域ではこのようなものが豊富に作られているなどの知識も勉強していくことも必要だと思います。
地元の農家の方たちを守るためにもこのような活動は続けていってほしいものです。

関連ページ

二の腕の引き締め
薄着の季節になると二の腕のタプタプが気になってきますよね。半袖やノースリーブになることも多いので、二の腕がタプタプしているとけっこう気になります。
ローフードで間食
ダイエットをしていると無性にケーキなどの甘いものを食べたくなっちゃうんですよね…
豆乳ダイエットケーキ
今はダイエットクッキーだけでなく、豆乳ダイエットケーキというのもあるんですね。