ブログ

スキンケアをする時間帯って夜にケアする人より朝にケアする人のほうが多いそうです。
20歳〜30歳代の女性を対象にした美容に関する意識調査(回答はいくつでも)によると、朝と回答した人が20歳代は約72%、30歳代は約82%いたそうです。

 

帰宅後から風呂上がりという回答をした人は、20歳代は約66%、30歳代は約63%で、寝る前と回答した人は、20歳代は約37%、30歳代は約37%だそうです。

 

回答はいくつでも、ということなので、朝も夜も両方に回答した人もいるかもしれませんが、私は夜にスキンケアをしている割合の方が多いと思っていましたから、このアンケート結果には驚きました。

 

朝は時間のない人が多いと思ったのですが、みなさんちゃんと朝のケアも怠っていないのですね。

 

たしかに、朝にきちんとスキンケアをしたら、紫外線対策もちゃんとできるし、メイクのノリも良くなるし、メイク崩れも起きにくいしと、いろいろ良い効果がありますよね。やはり朝のスキンケアに注目なのですね。
更に美顔器も使いたいね!ケノンとかエピナードとか美顔器にもなる脱毛器は注目アイテムですよね!

続きを読む≫ 2018/08/08 23:07:08

子供の頃から強度の近視で、コンタクトレンズが手放せません。裸眼では、まったく外出できないほどですので(レンズも予約して買いに行かないと在庫がありません)、少しでもよくできないかと視力回復方法を探しています。

 

手っ取り早いのはレーシックかと思いますが、雑誌や本を読む限りでは、強度の近視には難しいらしく、2回手術をする必要がありそうです。

 

ただでさえ手術なんてこわいのに、2回は無理です。かといって、一度で望む視力にならなかったとしても、一旦レーシックを受けるとコンタクトは利用できないそうで、あきらめました。

 

次に期待したのが、寝ている間にレンズをつけているだけで視力が回復する、オルトケラソロジーです。

 

残念なことに、これも強度の近視には向いていなく、特に近視になりかけの子供にはとても良いようです。

 

日中は裸眼で過ごせるので、快適そうです。

 

眼科治療では無理とあきらめ、本にある視力回復トレーニングを試してみました。

 

イメージングと眼筋トレーニングの方法です。ただ、こういった方法に付いている付録なども、あまりにも近視過ぎて使えませんでした。

 

やはり、軽度の近視向けということでしょうか。

 

最終的にできることは、食事療法です。ブルーベリーが目に良いと言われるのは、アントシアニンという成分によるものです。

 

それで、ブルーベリーに限らず、カシスやベリー類を生やジャムなどでせっせと食べています。

 

効果はわかりませんが、できることを続けています。

続きを読む≫ 2018/08/08 23:06:08

こんなダジャレをよく言ったものだ。もちろんドン引きされる。まっ、こんな冷めるダジャレはいいとしてコーディネートって本当大切だと思うよ。

 

若かりし頃はこれと思ったら、勢いで買っていた。で、結局合う服がなくて全然着なくなった。安くてもコーディネートできる服がないと価値が半分以下になってしまう。

 

買う前に手持ちの服を思い浮かべる。どの服と合わせればいいかなぁとか色はどれがいいか、この服に合う靴はあるかなどなどいろんなコーディネートを考えて購入する。

 

でも、タンスの中を見ると似たような服が増えている。

 

私の場合、無難な色や形の服が多い。冒険しようという気になれないんだよなぁ。失敗したら嫌だから。でも同じような色と形の服まであったりするから実際には失敗してるのか。

 

そういう人はレディースファッション通販で手持ちの服を見ながら、購入した方がいいかもしれないなぁ。

 

間違って同じような服を買う失敗もないし。コーディネートって難しいけど、ばっちり合うとうれしいんだよねぇ。

続きを読む≫ 2018/02/10 11:15:10

毎シーズン、服装をどうしようかなぁって考えるのがスキです。子供がいるとおしゃれ出来ないという人もいますが、私は出来る範囲でスキな洋服を着たいです。

 

確かに授乳中なんかは、スキというよりは機能性を重要視してしまってかわいくない洋服を着たりしてますが、やっぱり子育てが楽しくなくなってしまいます。

 

かといって授乳中にロングワンピースなんか着たときには、スカートの裾をめくるのが大変ですぐにあきらめましたが。

 

そんなこんなでシーズン毎には必ずといっていいほど、雑誌を読み漁りトレンドの情報収集をします。

 

なぜかインターネットでは、こういう洋服の情報収集ってあまりできないのです。私だけでしょうか。

 

だから雑誌はいろんなものをたくさん見ます。美容院に行くといろんな雑誌が読めるからうれしいです。普段自分が絶対買わない雑誌も見れたりしますからね。

 

新たな発見があったりして楽しいです。これから春ですね。まずは髪型をイメージチェンジしてみようと思ってます。

 

それから洋服も今までとは違う雰囲気に挑戦してみようかと思ってます。子供の授乳も少し落ち着いてきたので。あとはすっぴん卒業して、薄化粧でもいいので頑張ってみようと思います。

続きを読む≫ 2018/02/08 11:16:08

薄着の季節になると二の腕のタプタプが気になってきますよね。半袖やノースリーブになることも多いので、二の腕がタプタプしているとけっこう気になります。夏は、いろんな所の脂肪が気になるので、エステで脂肪を燃焼してもらいたいものですよね。

 

二の腕は、年齢がいくごとにたるみやすくなる印象があるので気をつけたいと思います。

 

 

若い時は、パンとハリがあって重力に負けていない感じがしますけど、だんだんとタプタプしてきて重力に負けていっているような気がします。痩せている人でも、二の腕は筋力がなくなってくると、タプタプしているのがわかるので、筋力アップも心がけたいと思います。

 

メリハリのあるボディって健康的であこがれますよね。

 

筋肉もほどよくつけて、スリムなだけじゃなくて健康的なボディになるようにエクササイズをしたり、スポーツをしたりと磨いていきたいと思います。二の腕を見ても、引き締まっているなと思われるようにがんばりたいです。

続きを読む≫ 2014/06/11 11:40:11

ダイエットをしていると無性にケーキなどの甘いものを食べたくなっちゃうんですよね…(^^;)
今日もめちゃくちゃ誘惑に負けそうになりましたが何とか頑張りました。でも毎日我慢するのは難しいですよね。

 

最近ローフードという酵素を積極的に摂る非加熱のスイーツなどが流行ってるんだとか。先日もナチュラルカフェに行った際に、いちごのロータルトを初めて食べてみたのですがとってもおいしかったんですよねー。

 

タルトの部分がナッツ類になっていてクリームも普通の生クリームじゃない感じでヘルシーなんだけど十分美味しく食べれてスイーツを食べてるって感じで満足できました。家でも簡単に作れたらいいのになぁーと思います。

 

で、最近、ミス・ユニバースの日本代表に宮城県仙台市出身の原綾子さん(24)が選ばれたそうですが、10キロダイエットされたそうです。その原さんがおすすめする間食が、ナッツとドライフルーツとチョコレートらしいです。まさにローフード、低カロリーで美容・健康にプラスな食品ですよね♪

続きを読む≫ 2014/05/15 11:41:15

今はダイエットクッキーだけでなく、豆乳ダイエットケーキというのもあるんですね。
あまいもの好きな私にはすごくいいケーキです。

 

なんか美味しすぎてダイエットにならないっていう人もいるみたいです。見た目はパウンドケーキ カロリーは1個98キロカロリー。

 

プレーン、ココア、抹茶味があるみたいで、抹茶味のケーキがとても美味しそうでした。
このケーキはマンナンファイバー、水分を加えていくと 50倍に膨らむコンニャクから作った食物繊維ケーキ1カットにマグカップ1杯以上のコーヒー、紅茶を一緒に。

 

そうするとマンナンファイバーがお腹の中で膨らみ満腹感が。それでダイエットできるんですね。

 

クッキーよりケーキの方が満腹感があるかも?食べてみてないからわからないですが。
一回食べてみたい、でも15個で2,980円 う〜んちょっと高いかなぁ?

 

定価は4,350円なのでちょっとは安くなっているんですがヤフーポイントでも集まってたら即買いするんだけど・・・。

続きを読む≫ 2014/04/13 11:42:13

モスバーガーのお店に食べに行くとレジの近くに、本日使っている野菜の産地や生産者の写真が書いてあります。やっぱり自分の口や家族の口に入るものは、安全で安心したものを食べたいです。
このような産地生産者の紹介サービスはとっても重要だと思います。

 

レストランなどの食事を提供する施設というのは、やっぱり原価も重要です。いかに安く仕入れて客に提供して利益を出すかということです。
安く仕入れるということは、卸業者を通すよりも自家栽培をするのが一番コストが安く済むということで最近は野菜や肉を自社工場や自家生産で賄うところが増えてきました。

 

これはコストの問題がかなり大きいと思いますが、信頼できるところから仕入れるという意味では安心安全ということが確実なので良いことだと思います。
スーパーなどでも自社ブランドで安く製造するということも進んでいます。
昔とは大きく市場も変わってきているのでしょうね。

 

給食も地産地消化が進んできました。自分の地域の食べ物をすすんで食べようということです。
自分の地域の特産物があるのにわざわざ他の都道府県から仕入れた食材を使うなんで不思議ですよね。

 

地元のものを食べて自分の地域ではこのようなものが豊富に作られているなどの知識も勉強していくことも必要だと思います。
地元の農家の方たちを守るためにもこのような活動は続けていってほしいものです。

続きを読む≫ 2014/02/11 11:43:11